安心を「買う」 安心を「売る」

中古住宅瑕疵保証の「検査料・保証料」を弊社が負担!

売主様に朗報!つまりは、その売主様の住宅を購入される買主様にも朗報です!

売主様・買主様が、安心して中古住宅を売買できるよう、

インスペクション(建物状況調査)の費用と、中古住宅瑕疵保証の費用を、弊社で負担いたします!

事前調査→一年保証→保証金額最大1000万円

売ったあとの安心(=買ったあとの安心)をプラスする『既存住宅瑕疵保証・保険サービス』です。


インスペクション(建物状況調査)の費用を弊社で負担!

インスペクション(事前調査)

中古住宅を売買する際、売主様にとっても買主様にとっても、建物の状況がどうなっているか、不安があるかと思いますが、住宅の専門家が第三者の立場で客観的に住宅の状態を評価(インスペクション)してもらえたら安心ですよね。

 

インスペクション(建物状況調査:一次調査)の費用を弊社で負担いたします!

 

キャンペーン期間中*に当社と専属専任媒介契約(期間3ヶ月)、または専任媒介契約(期間3ヶ月)を締結した個人・法人(宅建業者のぞく)のお客様に対し、該当物件のインスペクションにかかる費用を弊社で負担いたします。

 

媒介契約締結後、専門の検査員が、対象物件を事前調査いたします。

 

≪基本条件≫ 

*キャンペーン期間:2018年6月30日まで

*当社既定の仲介手数料をお支払いの方。

*当社媒介価格が査定価格の125%以内であること。

*景品表示法に基づき、対象は査定額が967万円以上の戸建て・マンションの賃貸中を除く居住用物件で

  あること。

*対象物件は、建築確認日が昭和56年6月1日以降の住宅、もしくは、耐震適合証明書を取得済みの住宅で

  あること。 


中古住宅瑕疵保証の費用も弊社で負担!

引渡日から1年保証

インスペクションによる事前調査で、検査に適合した物件には、中古住宅瑕疵保証の保険に加入することができます。また、不適合になってしまった場合でも、指摘箇所を補修の上、再度検査を受け適合と診断された後に加入することができます。

 

当キャンペーンでは、この保険の保証料も弊社で負担致します!!

 

この保証により、中古住宅を購入しようとお考えの方にとって、安心が確認された住宅の取得が可能となります。後日、売買された中古住宅に欠陥が見つかった場合でも、補修費用等の保険金が保険会社より支払われるので安心です。

 

≪基本条件≫

*当保証の対象となる物件は、建築確認日が昭和56年6月1日以降の住宅、もしくは、耐震適合証明書を

  取得済みの住宅です。

*景品表示法に基づき、売買締結価格が634万円以上の場合、保証料を当社で負担。

 634万円未満の場合は一部保証料をご負担いただく場合がございます。

*再検査にかかる費用、及び補修にかかる費用は売主様のご負担となります。


保証金額は最大1000万円!

保証金額最大1000万円

●雨漏り

●建物構造上主要な部分の瑕疵

●管路等

 に対し、引渡日から1年間、最大1000万円まで保証されます。

株式会社住宅あんしん保証

●保証会社

国土交通大臣指定 住宅瑕疵担保責任保険法人

国土交通大臣登録 住宅性能評価機関

「株式会社住宅あんしん保証」の保険です。


当保証サービスご利用のメリット

~ 売主様のメリット ~

     ■ 瑕疵による損害が保証される

     ■ 早期成約につながる

     ■ 保証付住宅として販売できる

~ 買主様のメリット ~

     ■ 瑕疵による損害も安心保証

     ■ 専門事業者の検査合格で安心

     ■ 住宅ローン減税等の利用範囲拡大

↓

■中古住宅 住宅ローン減税制度の主な要件

●自らが居住するための住宅である ●床面積が50㎡以上(登記簿上) ●所得が3,000万円以下

●住宅ローンの借入期間が10年以上 ●中古住宅の場合、さらに築年数については下記①または②の要件を満たす

    こと

図表-中古住宅 住宅ローン減税制度の主な要件

■住宅購入に係る税の軽減措置

「住宅ローン減税」や「登録免許税」において、下表の効果が期待できます!

図表-住宅購入に係る税の軽減措置

インスペクション(建物状況調査)って何?

中古住宅を購入したいと思った時、買主様の立場からすると、

「この物件を買っても大丈夫なのかな?=瑕疵はないのかな?」

「あと何年くらい住めるのかな?」

「将来の修繕費用はどれくらいかかるのかな?」という不安がありますよね。

 

そこで、インスペクション(建物状況調査)という方法があります!

 

インスペクションは、中古住宅を売買する際に建物の現状について目視を中心に調査(一次調査)するという業務で、その調査が実施されることによって売主様にも買主様にも、仲介業者にも取引の安全を担保するものとしての機能があります。

 

売主様の立場ですと、

「インスペクションをして瑕疵(欠陥)が見つかったら、売れなくなるのでは?」

「希望価格で売れなくなるのでは?」

という心配もあるかもしれませんが、そもそも、瑕疵担保責任というものがあり、不動産を取引したのち、隠れた瑕疵が見つかった場合は修繕義務があり、最悪、訴訟となったり、損害賠償が発生する場合があるのです。

 

インスペクションを実施して、瑕疵が見つかった場合でも、その箇所を修繕して売却することで、お互いに安心して取引ができるので、瑕疵をそのままに売却するよりも相場価格で売却できる可能性が高まります。

 

また、当社では中古住宅瑕疵保証保険を併せてオススメしています。

 

インスペクションをして、検査に適合した場合、瑕疵保険に加入することができ、その場合は、仮に売却後に瑕疵が見つかったとしても、売主様に変わって保険が対応します。

 

弊社では、このインスペクション検査料及びに中古住宅瑕疵保証保証を、

 

売主様・買主様にかわり負担*させていただきます!

 

*景品表示法及び建築基準法にかかり、適応する物件及び価格に制限がございます。

*当キャンペーンにつきましては、弊社の適用条件がございます。ご確認ください。


2016年6月3日に公布された「宅地建物取引業法(宅建業法)」の改正法では、宅建業者は、不動産売買契約時に「インスペクションやりますか?やりませんか?」と聞くこと(確認)が義務化するという内容が盛り込まれています。

 

インスペクションが浸透していくことで、質が担保された中古住宅が増え、住宅価値が上がり、買主様は選択の幅を広げることが出来ます。


その結果、若年層のお客様がマイホームを取得しやすくなったり、リフォーム市場の活性化に繋がるという期待もあります。

 

マイホーム取得時にはこれまで新築が選ばれることが多かったですが、今後は、中古住宅購入前に住宅診断を行うことで、物件情報の透明性を高め、新築より もお得にマイホームを取得することが可能になります。

 

せっかくお持ちの価値ある不動産、ぜひ、インスペクションで質が担保された財産として、売却しませんか?

 

ご相談、お待ちしております。


キャンペーン詳細

<条件>

キャンペーン期間中に当社と専属専任媒介契約(期間3ヶ月)、または専任媒介契約(期間3ヶ月)を締結した個人・法人(宅建業者のぞく)

*キャンペーン期間:2018年6月30日まで

*当社既定の仲介手数料をお支払いの方。

*当社媒介価格が査定価格の125%以内であること。

*1.査定額が967万円以上の戸建て・マンションの事前調査費用を当社が負担。

  賃貸中を除く居住用物件であること。

*2.売買締結価格が634万円以上の場合、保証料を当社で負担。

  634万円未満の場合は一部保証料をご負担いただく場合がございます。

*当該保証の対象:

 建築確認日が昭和56年6月1日以降の住宅、もしくは、耐震適合証明書を取得済みの住宅

*株式会社住宅あんしん保証が瑕疵保証責任を保険で引き受けます。

*上記「*1.*2」の条件に満たない方には、1万円の商品券を進呈いたします。


当キャンペーンにつきまして、既存不適格等の物件や、弊社の調査により現状売却不可能であるという判断に至った物件に関しましては、キャンペーンの適用ができかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください。