契約書チェック業務

契約書チェック業務

契約書チェック業務

不動産の専門家が売買契約書・賃貸借契約書、その他の契約書のチェックを行うサービスです。第三者チェックにより不動産購入者、又は売却者のリスクを抑制致します。

※セカンドオピニオンとしてご利用していただいて結構です 


チェックの重要性

不動産業界の慣習で、お客様が契約書の内容を説明されるのは契約日当日が多いのが現状です。

 

また、解釈に困るような難しい専門用語で書かれています。

ひどい時には、言わなくてよい事は伝えられていなかったり、知らなかったふりをしている場合もあります。

 

他にも以下のような事があります。

  • 今まで担当者が説明していないようなことを、調印の直前で知ることもあります。
  • 重要事項説明日から契約日まで充分な検討時間を貰えないため、そのまま契約を終えてしまう。
  • 契約を終えてしまった後で何かトラブルがあったとしても、知らなかったでは済まされない。
  • 不動産会社が、トラブル時に片方に有利な内容となる文言(買主又は売主が不利となる条文)を入れている。
  • 本来なら法的に無効である条文が入っている。

契約書で失敗しないために

契約書で失敗しないための最良の手段は、お客様ご自身が契約書の内容をご理解することです。最低限、以下のことをしてください。
  • 契約書類は契約日より前の日にもらって熟読しておく
  • 契約書だけでなく重要事項説明書も熟読しておく

料金

●通常:37,800円(税込)

●お急ぎの場合:通常+9,450円(税込)

 ※必要な情報・書類はお客様からご開示していただき、メールまたは電話での対応の料金です


納期

契約書チェックの期間については、5~7営業日程度頂いております。

※チェックをお急ぎの方は、お申し付けください。受注状況などにより短くできる場合もございます。


申込方法とサービスの流れ

申込方法とサービスの流れ

 

メールでのお問い合わせはコチラから


ご留意していただきたい事項

  1. 弊社にお知らせいただく情報や書類は正確なものをご提供ください(その情報等を基にチェックします)
  2. 不動産仲介業者が介在している場合は、事前に重要事項説明書を取り寄せてください
  3. 契約の立ち会いは行っておりません
  4. この業務は宅地建物取引業や管理請負業とは全く別個のものです
  5. 弊社の責に帰すべき事由によりお客様が損害を被った場合、その損害額の上限はお客様が弊社に支払った料金を限度とします